• ホーム
  • ラシックスでむくみを取ってダイエットをする

ラシックスでむくみを取ってダイエットをする

むくみが慢性化してしまうと、体の巡りが悪くなり体のあらゆる部分に支障や負担が出てきてしまいます。
そんな時には食事を見直す、マッサージなどの方法もありますが、それでも改善できないときに飲むと良い薬があります。
それがラシックスという薬で、むくみが気になるならラシックスで解消できるのではと思う方もいます。

ラシックスは利尿促進剤で、医師が処方する薬です。
しかも効果は強く、即効性が高いのも特徴です。
成分であるフロセミドが尿をコントロールしている腎臓に作用して、不要な水分と塩分を排出させる働きがあります。
服用してから尿として排出するまでが比較的短期間なので、むくみ解消や塩分を体に残さないといった点で優れた働きが認められています。

中でもラシックスは腎臓が悪くてむくみが出てしまう方、塩分が大敵の高血圧の方、心臓の働きの不足で循環がうまくいかない方などに処方されています。
さらに女性であれば月経前には体の仕組みで水分を蓄えようとするので、むくみやすくなります。
それがひどい方だとむくみで頭痛などを起こしてしまう方もいるので、医師から服用方法を教えてもらい処方してもらう方もいます。

ラシックスには強力な利尿作用があり、それもまた即効性があります。
しかし、基本的には腎臓が本来行う作用をフロセミドが無理やり強く起こしているので、継続的に使うと腎臓そのものに負担がかかって傷めてしまうという注意点を頭に入れておく必要があります。
また、急に体内の水分量が減少してしまうので、その変化に体がついていかず頭痛や吐き気、じんましん、口の渇きなどを感じる方もいます。
必ず医師からの注意点を聞き、常態化しないように服用方法を守ることが大切です。

体のむくみを放っておくと取れにくくなったり、体に支障が出てしまいます。
また体重増加にもなります。
それを解消するためにダイエットとしてラシックスを利用する女性もいます。
モデルなどが撮影の前日に使うという話もあるほどです。
余分な水分が滞ってしまうと、水分だけではなく老廃物も溜まるようになるので水分だけでは済まなくなってしまうのです。

ラシックスの利尿作用は体の力では排出できなくなっている余分な水分をも排出することができるので、体の巡りも良くなり、結果体重も減ります。
その巡りが良くなっている状態の時にリンパマッサージなどを行うと、さらに体の余分なものが排出されやすくなり効果的なダイエットとなります。
ただ、ラシックスで体脂肪がなくなるわけではないので、脂肪をなくすというダイエットにはなりませんが、まずは動ける軽い体にする、むくみが辛い、ある目的の時だけスッキリしたいという場合には有効に働きます。

関連記事