• ホーム
  • ダイエットで一番失敗しがちなこととは

ダイエットで一番失敗しがちなこととは

仕事中で食べる男性

食生活や生活習慣の変化により、最近では老若男女問わずダイエットを行う人が多くなっています。
痩せると強い決意を持って始めても成功する人ばかりではありません。
失敗してしまう人も数多くいます。
また一度目標を達成してもすぐリバウンドしてしまう人もいるのではないでしょうか、
このようにダイエットに失敗してしまう一番の原因は一体どんなものでしょう。

ダイエットを経験した人ならその辛さは分かりますよね。
そう、一番の原因は食欲を我慢することです。
また体重を1キロ落とすには7000kcal消費する必要があります。
運動だけでこれだけ消費するのはかなり困難なので、日々の食事の調整は必須です。
ただダイエットを失敗しがちな人は、すぐに成果を求めがちな人が多いのです。
この1キロ減を数日から1週間で達成しようと極端な食事制限をしてしまうため、余計に食べ物に対しての執着が増してしまいます。
そして数キロ落とした時点で満足したり、体重の減少が止まる停滞期に我慢していた食欲が爆発しリバウンドしてしまう結果になります。

ここで問題なのは短期間で結果を出そうとしないこと。
食欲を我慢しすぎてストレスになることも失敗の大きな理由となってしまいます。
数か月~半年のスパンで目標体重を定め、無理のない方法でダイエットしましょう。
人間は体重の10%以上減少すると、体が少しの栄養からでも脂肪を溜めこもうとします。
これが停滞期に当たるので、標準体重~少しオーバー程度の人であれば1ヶ月2~3キロ程度を目安にすると良いでしょう。
ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を併用することも有効です。
筋肉をつけ脂肪の燃えやすい体にすると、体重も落ちやすくなります。
食事内容もたんぱく質やビタミン・ミネラルは充分に摂り、炭水化物を控えめにするようにすると健康的にダイエットできます。

関連記事
人気記事一覧